『Japanese suck at English』

 

「日本人は英語ができない」多くの外国人にとって、もはや常識となりつつあるこの事実。もちろん『日本』という昔からの文化や風習がありますから、一概にこれといった理由を決められるわけではありません。

 

しかしながら、そんな中でも日本に特有の理由として、『小・中・高校生の時に、英語を話す同世代がいない』というものがあります。

 

皆さんが日本語の会話力を、沢山の友達と過ごす中で学んできたように、会話力とは本来『身近な人たち』と多く触れ合うことで成長するもの。これは英語での会話力でももちろん同じことが言えます。

 

しかし島国の日本では、大学で『留学生』という存在に出会うまで、『外国人の友達』たる人を見つけるのは不可能に近い。つまり、生きた英語のインプット・アウトプットの機会が非常に少ないのです。

 

「街を歩く外国人に声をかける」のなんてとても勇気がいりますし、「英会話教室で外国人の先生と話し」たって、日常生活で自然に使う言葉というのは教室では学び辛い。

 

結局、私たちが会話力を上げる術は、『留学』しかなかったのです。

ですが、私たちは分かっています。その『留学』へのハードルがどれだけ大きいことか。どれだけたくさんの人がそれを諦め、「英語力を伸ばしたい」という思いを枯らしていくか。

 

普段生活していて外国人と接する機会がない人、自分の英語力を実践の場でもっともっと伸ばしたい人が、日本にいながら、留学をしているかのように外国人達と英語でコミュニケーションを楽しめる環境を作りたい。そういった思いから、私たちは阪大Labisを立ち上げました。

 

外国人の友達と話す・聞く。阪大labisはそれを、

『大阪大学の留学生によるマンツーマン会話』『大学周辺地域に根ざしたコミュニティ』

によって実現します。

 

留学はもう必須ではありません。私たちと、自然な形で、本物の英会話力を身につけましょう。

 

阪大Labis